10万円借りたい

どうしても10万円必要な理由がある!

お金がなくて困った、どうしても10万円必要という時もあるでしょう。10万円という金額は、ある程度のまとまったお金ということが言えるため、自分だけの力では簡単に稼ぐのも作り出すことも難しいと言えるでしょう。

 

10万円必要になる時の理由や対処法にはどんなことがあるのでしょうか。

 

10万円必要な理由がある時とは?

どうしても10万円必要になる理由には以下のようなことがあるかも知れませんね。

  • 10万円を競馬で負けて大損し、生活資金を補てんしたい
  • 自動車の修理代に10万円必要
  • 新しいiPhoneが欲しい
  • au walletで10万円チャージしたい
  • 固定資産税の支払いに10万円必要
  • 入院費10万円を病院に支払いたい

競馬などのギャンブルで大損して足りなくなった生活費10万円を補てんしたいということもあるでしょう。自動車の修理代にも10万円程度の金額はかかってしまうものですよね。

 

10万円あったら、新しいiPhoneの購入資金の足しにしたい、au walletなどのプリペイドカードへのチャージ資金にしたいということもあるでしょうね。

 

定期的に徴収される固定資産税などの税金は高額と言えます(参考:サンデー毎日「取られ過ぎ「固定資産税」「相続税」を取り戻せ!(2016年9月4日号)」。高額医療費は後から還付されますが、退院時に一時的に支払う入院費にも最低限10万円程度は必要となりますよね。(参考:全国健康保険協会「高額な医療費を支払ったとき」

 

10万円が必要、10万円あったら助かるなど、高額な出費の最低ラインとなるのが10万円という金額なのかも知れません。

 

どうしても10万円が必要な時の対処法とは

どうしても工面できないと困る金額が10万円の場合、対処法の選択肢には以下の3つがあると言えます。

  • 貴金属やブランド商品など高額な物を売る
  • 親や兄弟、親戚、友達など身近な人からお金を借りる
  • 金融機関からお金を借りる

金の価格高騰により、昔買った金地金や金のネックレスなどが自宅に保管されていれば、金専門の買取り業者に売ることで意外な高収入となる場合もあります。(参考:日経電子版「上昇する金価格 今後の相場を左右する材料は 」

 

高額な買取りを期待できる物が自宅にない場合には、どこかでお金を借りるしか必要な10万円を工面する方法はないかも知れません。

 

お金を借りる先として、まず初めに考えるのは親や兄弟・姉妹でしょう。家族からお金が借りれない場合には、友達に借金の申し入れすることもあると思います。

 

個人からはお金を借りることができない場合には、最終手段として金融機関から借入れするという流れになるでしょう。

 

10万円借りたい場合のおすすめは消費者金融からのキャッシング

自分の力では必要な10万円を作ることが難しい場合には、消費者金融からのキャッシングがおすすめです。

 

消費者金融から10万円ものお金を借りるのは、金利が高いから不安という人もいるでしょう。確かに、銀行ならば低金利でイメージが良いと思っている人が多いのも事実です。

 

ただし10万円借りる場合では、銀行と消費者金融の金利差は4%ほどとなっていますが、30日間借りた場合の利息の差はわずか300円ほどであり、それほどの違いはないのです。

 

消費者金融は10万円お金借りたい時の即日利用も可能

10万円というお金は1万円や2万円の少額ではなく大金と言える金額であるため、即日お金借りる希望は叶わないだろうと思う人もいるでしょう。

 

ですが大手のキャッシングサービスは、10万円という金額であっても即日融資可能となっているのです。

 

当日中の振込みに間に合わない午後2時過ぎになってしまっても、CMでも有名なキャッシングサービスであれば自動契約機があるので安心です。

 

平日だけでなく土日や祝日でも午後9時頃までなら当日中にカードを発行することができますし、その後はATMから即日キャッシングすることも可能になっているのです。

 

大手なら審査は最短30分、融資は最短1時間

10万円という金額を借りたい時にも、できれば今すぐ貸して欲しいということもあるでしょう。少しでも早くお金を借りたいと希望するのであれば、即日審査や即日融資に対応してくれる金融機関でないと今日中のキャッシングは難しいです。

 

誰もが知っている人気のキャッシングサービスならば、審査時間は最短30分、申込みから融資までの時間は最短1時間というスピード感あふれる対応が期待できます。

 

ただし借り過ぎには注意が必要です。10万円借りる場合であれば、毎月の返済額はわずか4,000円程ですが、これ以上の借入額となると毎月の経済的負担が大きくなり、最終的には返済できない状況となる恐れもあるのです。