3万円借りたい

3万円だけ必要な理由とは?

どうしても3万円だけ必要という場面は意外にも多いようです。3万円は、1つの目安であったり、ちょっと油断してしまうことでも掛かってしまう金額とも言えるでしょうね。

 

例えば3万円必要な理由とはこんな感じかも知れません。

  • 3万円を結婚式のご祝儀にキャッシングしたい
  • 食費と雑費で3万円必要
  • 電気代とガス代で3万円も掛かってしまった
  • 3万円パチンコに負け無駄遣いした
  • 嫁に子どものランドセル買ってこいと言われ3万円必要

このように3万円必要な理由を挙げるといくつもあるのですが、このお金の捻出にはどんな方法があるのでしょうか。

 

バイトや買取りで今すぐ3万円作り出すのは難しい!

3万円とは、バイトして1日で稼ぐのは難しい金額と言えるでしょう。1万円程度であれば日払いのバイトでも可能ですが、3万円となると簡単に稼ぎ出すことが難しい金額となってきます。

 

ブランドのバッグや服・貴金属などを持っている場合にはブックオフや専門の買取りショップに行くことで即日お金を作ることは可能かも知れません。

 

ただし、ブランドものや貴金属の価値は流行やレア度によっても変動するものであり、必ずしも3万円以上で買取りして貰えるとは限りませんよね。

 

ネットの買取りショップやヤフオク、フリマアプリで自分の物を売る方法もありますが、3万円で売るとなるとかなり高価な物である必要もあるでしょう。

 

3万円の捻出に最後の手段でお金借りたいというのもアリ?

どうしても必要な3万円を何としてでも作ることができないと困るという時には、考えた末に最終手段でお金借りたいという結論に達することもあるでしょう。

 

ただし、お金借りたいと思う反面、心配なことがあるかも知れません。

  • 3万円も貸してくれる所はある?
  • 親や友人から借りれない場合、自分でもキャッシング可能?
  • お金借りたいけど利息は支払いたくない
  • お金借りれても返済できないと怖い人が取り立てに来るかも知れない

できるだけ早く3万円の工面をしたい時には、「どこかで借金したい!」と思うこともあるでしょう。そんな時には自分にも3万円のお金借りれる所はあるのかと不安になってしまうかも知れません。

 

3万円を親や友人からも借りれない場合には、銀行や消費者金融のキャッシングを利用するという選択肢も出てくるでしょう。困った時に3万円だけ借りるのはアリと言えます。

 

3万円の借入れも銀行や大手の消費者金融なら安心!

本当に必要としている3万円の捻出方法としてキャッシングを選択する場合には、審査に通ることができるか、利息や取り立てはどうなるのかなど、不安を感じることがいくつかあることでしょう。

 

キャッシングを利用するにはまずは申込先の審査に通る必要があります。銀行や消費者金融が審査の際にチェックする項目には違いが見られます。とは言え、審査で重視する点は主に2つとなるのです。

  • 20歳以上であること
  • 安定した収入があること

銀行の審査は消費者金融よりも厳しくなっているため、消費者金融の審査と比べると難易度は上がりますが、どちらでお金借りる場合でもこの2点は大前提となっているのです。

 

言い方を変えるならば、上記の条件を満たしていればキャッシングは可能ということになり、どちらでお金借りるにしても安心ということになります。

 

3万円程度のキャッシングなら金利も安心

3万円ほどのお金借りたいと考える時のも、利息のことが頭をよぎることでしょう。

 

銀行は低金利、消費者金融は高金利と思っている人は多く、できれば銀行から3万円借りたいと考えるものかも知れません。

 

ただし大手だけでなく街金であっても正規登録の金融会社であれば、法律の範囲内(参考:金融庁「出資法と利息制限法」で融資しているため、高金利と言うほど高い利息を取られる訳ではありません。

 

3万円程度の金額ならば次の給料で一括返済も可能と言えますし、例えば30日間お金借りたとしても銀行と消費者金融の利息には約100円の違いしかないのです。

  • 銀行で金利14.0%で借りた場合:3万円×14.0%÷365日×30日間=345円
  • 大手消費者金融から金利18.0%で借りた場合:3万円×18.0%÷365日×30日間=443円

大手の消費者金融ならば30日間無利息サービスが利用できる場合もあるため、初めてキャッシングを利用するのであれば、銀行カードローンからお金借りるよりもおすすめです。

 

大手のキャッシングサービスなら3万円の返済の取り立ても安心

消費者金融から3万円借りたいけど、返済ができない場合には怖い取り立てが待っていると思っている人もいるでしょう。

 

大手のキャッシングサービスならば、万が一返済が遅れた場合でも法律に沿った取り立てをしているのです。貸金業法には取立てに関する禁止事項がしっかりと決められています。

  • 不適当な時間帯(午後9時から午前8時)に取立てを行うこと
  • 自宅や勤務先へ取立てに押しかけること
  • 第三者に代わりに返済するよう迫ること
  • 年金受給証の徴収や押し貸しの禁止
  • 取り立てに暴力団を使うこと、債権を暴力団に譲渡すること
(参考:金融庁「闇金対策法のポイント・4.取立行為等に対する規制の強化」

銀行や大手の消費者金融だけでなく、中小規模であっても貸金業者として登録している金融会社であれば、上記のような取り立てはありません。

 

無登録の貸金業者である闇金からお金を借りた場合には、3万円程度であっても高利により返済が困難になる場合もあります。返済が滞れば、上記のような禁止事項を無視した怖い取り立てに遭う可能性もあるのです。