5万円借りたい

どうしても5万円必要な理由とは

どうしても近日中に5万円必要、できれば今すぐにということもありますよね。
5万円と言えば、大学生の1か月のアルバイト料や週3で1日4時間ほど派遣などで働いた給料に相当する金額と言えるかも知れません。

 

このように一ヶ月で5万円を稼ぐのは可能ですが、1日で5万円を稼ぐのは不可能とも言えるくらいの大金であっても、この5万円が足りない・目的のために必要という時の理由やお金を作る方法について以下で紹介します。

 

どうしても5万円が必要な理由とは

日常生活の中で食費や電気代などで必要になる金額は5万円よりも少ない金額かも知れませんが、それでは5万円必要になる理由にはどんなことがあるのでしょうか。

  • 5万円以下のノートパソコンを買いたい
  • 5万円で買える株に投資したい
  • 彼女の誕生日に5万円以下で買えるものをプレゼントしたい
  • 部下の結婚式のご祝儀に5万円必要
  • ボーナスで買うつもりの5万円のブランド時計が今すぐ欲しい

このように5万円ちょうどが欲しい、5万円あれば足りるという場面は多いと思います。

 

それではこの5万円を捻出するにはどんな方法があるのでしょうか。

 

どうしても5万円欲しい時の捻出方法とは

どうしても5万円を目的のために使いたい時、必要なお金の捻出方法にはどのようなことがあるのでしょうか。

 

5万円ともなると自分の持っている高価なブランドの商品を売ったり、レアものとなっている物を売るなどの方法が考えられますよね。

 

また金や宝石などのアクセサリーを持っている人なら、場合によってはそれを売ることで5万円以上のお金に替えることも可能かも知れません。

 

ではこのように売れる物がない場合にはどうしたらイイのでしょうか?

 

5万円が必要という時なら、キャッシングを利用するのが得策

5万円というお金を自分の物を売るなどで捻出することが不可能な場合には、やはり何処かでお金借りたいと思うことでしょう。

 

5万円を一度に貸してくれる親や兄弟、友人、会社(給料の前借り)があれば便利かも知れませんが、金額が大きくなるに連れてお金貸してくれる側にとっても負担が大きくなってきます。

 

そのために時には借金の申し出を断られる場合もあるでしょうし、無理をして貸してくれたとしてもそれまでの友好な関係にキズが入る場合もあるのです。

 

それならばキャッシングを利用してお金借りる方が気が楽ですし、個人からの借入れよりも手っ取り早くその方が得策と言えるでしょう。

 

特に大手の消費者金融ならば即日融資も可能であり、30日間無利息期間がある所もあるので支払う利息を抑えることも可能であり、そもそも5万円程度の借入れでは、借りて直ぐに返済するならばそれ程大きな利息とはなりません。