お金借りたい 借りれる人

今すぐお金借りたいけど、借りれる人の条件も知っておきたい!

どうしてもお金借りたい、しかも今すぐという場合に安全に借入できる人の条件とはどのようなことでしょうか。

 

金融機関からキャッシングする場合、お金借りれる人の条件には以下のようなことがあります。

  1. 20歳以上であること
  2. 安定した収入があること

安全に借入できる金融機関からお金借りたいなら、20歳以上であり安定した収入が毎月あるという条件を満たしていることが最低限必要になります。

 

基本的に、どちらか一方だけしか条件を満たしていない場合、お金借りれる人にはなれません。借りれるとしても安全にキャッシングできない場合が多いのです。

 

20歳以上であること

一部の学生ローンやクレジットカードを除き、金融機関からお金を借りるには20歳以上である必要があります。

 

未成年がお金を借りれない理由は民法5条にあり、未成年は法定代理人の同意を得ないと単独で法律行為ができないことになっているのです。

 

親権者の合意なく交わした契約は取り消しすることもできますし、借りたお金を未成年が使ってしまうことも可能であり、代金支払いの義務もありません。(参考:東京くらしWEB「未成年者契約の取消し」

 

金融機関にとって、未成年者にお金を貸すことほど不安定な契約はないと言えるでしょう。銀行や大手消費者金融はもちろんですが、中小規模の消費者金融にいたっても20歳以上でないと借入れできないのが現状となっているのです。

 

唯一、未成年が利用可能な学生ローンでも親の同意が必要となる業者もあります。クレジットカードを作る場合にも、未成年だと親の同意が必ず必要になっているのです。

 

安定した収入があること

金融機関は、利用者が貸したお金を返済してくれないと困るため、安定収入のある人にしか融資することができません。

 

特に毎月継続的な収入がある、勤続年数が1年以上あるということは、安定収入の有無を判断するのに欠かせない条件と言えるのです。

 

金融機関では、本人の返済能力を確認するために勤務先への在籍確認も行っています。在籍確認とは、申込みの時に申告した勤務先の情報に間違いや嘘がないか確認する手続きのことで、貸金業者の場合には個人名で電話をかけてくるのが一般的です。

 

安全にお金借りれる人と借りれない人の条件

20歳以上で毎月継続した安定収入があることの条件は、安全にお金借りれる所を利用するため絶対にクリアする必要があります。

 

注意していただきたいのは、上記2つの条件を満たしていても、その人の状況によってはお金借りれない場合もあるということです。

 

以下では安全に金融機関からお金借りれる人と借りれない人について解説していきます。

 

安全にお金借りれる人の条件

「安全にお金借りれる人」を言い換えるならば、安全にお金借りれる所の審査に通る人ということになるでしょう。

 

ただし、同じ人であっても、利用する金融機関によって審査に通ることがあれば、通らない場合もあるでしょう。絶対にお金借りれるとは言えませんが、このような条件の人であれば、安全に借りれる所の審査に通る可能性があります。

  • 正社員や公務員
  • 学生
  • 主婦
  • アルバイトやフリーター

 

正社員や公務員

正社員や公務員は継続的な安定収入があるため、審査に通過する可能性が高くなっているのです。

 

定職に就いていることから勤続年数が長い場合も多く、簡単には仕事を辞めないという安心感もあるでしょう。毎月一定額の収入を得ているため返済能力が高く、融資したお金をきちんと返済してくれると判断してもらえることも審査に通りやすくなる理由と言えます。

 

学生

学生という条件下でも、アルバイトなどの収入があれば借入可能です。ただし、銀行や消費者金融を利用する場合には、20歳以上である必要があります。

 

学生ローンであれば融資対象は主に学生となっていますし、一部のクレジットカードでは学生を対象とした商品も存在しているんです。(学生でも作れるクレジットカード→三井住友カード「学生におすすめのクレジットカード比較」

 

ただし、近頃では以下のように一部の銀行カードローンで学生の利用を不可としている場合もあります。

 

銀行カードローンは学生も利用できる?

銀行カードローンの名称 学生の利用の可能性
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」
三井住友銀行カードローン
みずほ銀行カードローン
りそな銀行カードローン ×
イオン銀行カードローン ×
オリックス銀行カードローン ×
セブン銀行「ローンサービス」 ×
SBIネット銀行カードローン ×
じぶん銀行カードローン「じぶんローン」
東京スター銀行「スターカードローン」
楽天銀行カードローン「スーパーローン」
静岡銀行カードローン「セレカ」 ×

メガバンク3社のカードローンでは、20歳以上で安定収入があれば学生でも利用可能ですが、同じ都市銀行のりそな銀行では、学生の利用は不可となっています。

 

ネット銀行と地方銀については、上記の銀行の中では学生の利用が不可となっている場合が多くなっています。

 

大学生や・短大生・専門学校生が銀行カードローンを利用する場合には、学生でもお金借りれる所であることを確認する必要があるでしょう。

 

主婦

主婦でもパートなどで一定の収入を得ていれば多くの金融機関でキャッシング可能となっています。消費者金融では、20歳以上で毎月継続的な安定収入があれば、OLではなくパート勤務であっても審査に通ることが可能です。

 

敷居が高いと感じてしまう場合も多い銀行のローンであっても、同様に利用条件を全て満たすことができれば、基本的に審査に通る可能性もあります。

 

収入のある主婦であれば申込みする金融機関を選ばず、お金借りれる所を選ぶことができるのですが、収入のない専業主婦の場合だと利用するキャッシングサービスを自分の好みで選ぶことはできません。

 

無収入の主婦が利用できるのは、「配偶者に継続安定収入のある主婦(夫)の方」という文言がHP内の利用条件に明記されている金融機関だけとなるのです。

 

アルバイトやフリーター

基本的にアルバイトやパートで安定した収入のある人ならば、ほとんどの金融機関がお金借りれる所となっています。

 

正社員や公務員でないとお金借りれない所というのは本当に少ないですし、普通に多くの人が利用するキャッシングサービスであれば、むしろ定職に就いていなくても利用できるローンの方が多いと言えるでしょう。

 

ただし、審査ではどうしても正社員や公務員の人と比較して不利になってしまう場合もあるようです。安定性や収入の金額がどれくらいであるかということも審査基準の1つとなっているので、収入があっても期待し過ぎない方が良いかも知れません。

 

安全にお金借りれない人

金融機関で安全にお金借りれない人、あるいはその可能性が高い人とは以下のような人と言えます。安全にお金借りれる所では、返済能力に疑問のある人や信用情報に傷のある人への融資は行っていません。

  • 多重債務者
  • ブラックの人
  • 無職の人

このような人がお金借りれる所には、極甘審査でありながら法外な金利で融資する闇金も含まれるのです。

 

多重債務者

複数の金融機関からお金借りている人は多重債務者であることから、キャッシング審査に通りにくい状況になっています。

 

多重債務者となっている人は既に借金地獄になっている可能性もあるため、安全にお金借りれる所では返済能力がないと判断し、審査結果を否決にしてしまう可能性が高くなるのです。

 

どうしてもお金借りたい時には、最後の手段として闇金のようなトイチ(10日で1割の利息)、トゴ(10日で5割の利息)などの法外な利息を取る闇金を利用するしかないという場合もあるでしょう。

 

ただし違法な金融業者からお金を借りると後悔することになります。多重債務で困った時には、まず金融庁のホームページを参考にしてみると良いでしょう。(参考:金融庁「(4) 貸金等に関する相談事例等及びアドバイス等」

 

ブラックの人

ブラックとは、金融機関や以下の3つの個人信用情報機関で事故情報が登録されている状況をいいます。

特に上記3つの機関では、返済の遅れや長期滞納、自己破産(参考:法テラス「自己破産とは何ですか?」や個人再生などの債務整理をした事実が5年〜10年の間ずっと登録されます。

 

借入れの申込みをすると、金融機関が本人の信用情報を上記の機関に照会します。その際にブラック情報があることが分れば、審査に落ちる可能性が高くなるのです。

 

安全にお金借りれる所であれば、会員となっている信用情報機関を利用することになりますが、悪質な金融業者である闇金はそもそも会員となっている情報機関がありません。ブラックになっていてもそのことを知る方法がないことになるのです。

 

ただし、元より闇金は激甘審査ファイナンスと呼ばれているため、本人がブラックであることが分かっていても融資する可能性はあります。

 

無職の人

金融機関の利用条件「安定収入があること」という文字が明記されているため、無職の人は審査が通らないのが普通となっています。

 

無職だと当然ですが収入も0円ということになり、返済能力がないと判断されてしまうのです。嘘をついて架空の勤務先を申告しても、在籍確認で本人が勤務していないことがバレることになります。

 

安心してお金借りれる所ではなく闇金であれば、無職でも融資してくれる可能性はあります。ただし、高利により返済が難しくなった場合には、昼夜を問わない違法な取り立てに遭うことにもなるため、借金するのは働いて給料を貰うようになってからにするべきでしょう。

 

お金借りれない時、どうしたらいいの?

金融機関がお金を貸してくれるのは、返済能力のある成人ということになるため、この条件に当て嵌まらない場合には基本的にキャッシングの利用は不可ということになります。

 

それではその条件を満たすことができない場合、どうしたら良いのでしょうか。その場合に考えられることと言えば次のようなことかも知れません。

  • 短期アルバイトでお金を稼ぐ
  • 物を売ってお金を作る
  • 親や友達に借りる
  • 我慢して節約生活を続ける

様々な理由でキャッシングが利用できない場合には、これらの内のいずれかの方法で給料が入るまで凌いでいくしかないでしょう。

 

日払いのアルバイトであれば、働いたお金を即時に貰うことも可能でしょう。身の回りに売れる物があれば買取りショップやフリマアプリなどを利用してネットで売ることも可能です。

 

どうしても自分の力だけでお金を作ることが難しい時には、最終手段として親や友達にお金を借りることも選択肢としてあるでしょう。それでもダメなら、何とか我慢して節約生活を続けていくしかありません。

 

今すぐお金借りたい!安全に借りれる人とは?記事一覧

アルバイトやフリーターでもお金借りれる?今は、アルバイトなどをしてフリーター(フリーターの定義とは→フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』フリーター・定義)として生計を立てている人も多くなっていますよね。終身雇用という言葉も死後となり、誰もが自由に転職している時代であるため、非正規採用でも余り気にならないという人も増えているようです。それでも金融機関からお金借りたいという時には、ア...

ブラックとは何?いつまで続くの?至急お金が必要になった時が給料日前だと辛いですよね。あと数日したらまとまったお金が入る予定があっても現実問題として今はないという時、すぐに返済できる充てがあるならキャッシングしたいと思うこともあるでしょう。それでも信用情報がブラックの状態になっている場合は話が別なんです。ブラックの人はお金借りれる人の条件に当て嵌まることが難しくなります。コチラではブラックとは何か、...

主婦が金欠時に安心してお金を借りれる所と申込条件主婦がキャッシングを利用する場合には、以下の2種類に分類されるのです。手続きの方法もそれぞれ別の扱いとなり、旦那さんに内緒でお金借りれる可能性にも大きな違いが出てきます。働いていて収入のある主婦家事を専業としていて収入がない主婦金融機関でお金借りたい場合にはそれぞれの分類により借入先が違って来る場合があります。それでも主婦の場合は収入がなくても無職の...

お金借りたいなら20歳以上が基本【参考:即日キャッシング広場「18歳、19歳の未成年でもお金は借りられる?」】近頃、選挙権を持つ人は18歳以上となり公民権を行使できる年齢が2歳引き下げられました。(参考:総務省「選挙権年齢の引下げについて」)それでも、18歳や19歳が大人として扱われるようになったのは選挙権だけであり、金融機関からのキャッシングについては未だに20歳以上で利用可能となっているのが現...

無職やニートだと審査に通らない可能性が高くなるとにかく今すぐお金借りたい時に安定した収入があれば、正社員や公務員でなくパートやアルバイト・派遣社員が即日キャッシングすることも可能です。無職やニートの場合はどうかといえば、無収入の人は申込みすることでさえ不可となっています。ほとんどの金融機関では、年収の多い少ないよりも毎月安定した収入があることを重視しているからです。例え、在職中に高収入を得ていたと...