お金借りたい 未成年

お金借りたいなら20歳以上が基本

【参考:即日キャッシング広場「18歳、19歳の未成年でもお金は借りられる?」

 

近頃、選挙権を持つ人は18歳以上となり公民権を行使できる年齢が2歳引き下げられました。(参考:総務省「選挙権年齢の引下げについて」

 

それでも、18歳や19歳が大人として扱われるようになったのは選挙権だけであり、金融機関からのキャッシングについては未だに20歳以上で利用可能となっているのが現状です。

 

銀行や消費者金融だと未成年がお金借りれる所の候補に入れることはできません。法律で未成年者が単独で契約を行うことを禁止しているからであり、未成年の人が勝手に契約を結んだとしても親がその契約を解除をすることが可能となっているのです。(参考:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』未成年者

 

未成年者でも借りれるキャッシングはある?

基本的に18歳や19歳の未成年の人はキャッシングを利用できないことになっています。

 

ただし、一部の学生ローンを取扱っている専門業者やクレジットカードでは18歳以上(高校生は不可)の未成年の利用を可能としている場合もあるようです。

 

実際には本人にアルバイトなどの収入があること、学生証などの提示や親の承諾が必要になる場合もあるため、未成年が親に内緒でお金を借りることは難しいのが現状と言えます。

 

未成年が利用可能なキャッシングと親の同意の有無については以下の通りです。

 

未成年も利用可能なキャッシングサービス

キャッシングの種類 未成年可のキャッシング 親の同意の有無
学生ローン マルイ なし
カレッヂ なし
アイシーローン なし
フレンド田 あり
クレジットカード ライフ学生カード あり
三井住友VISAデビュープラスカード(学生)  あり
VIASOカード あり
JCB CARD W あり

 

未成年は学生ローンの利用に注意!違法業者の可能性も

学生ローンには一部で18歳以上の大学生や短大生、専門学校生などにも融資をしている業者があります。だからと言って、知名度の高い大手金融機関より便利ということにはなりません。

  • 借入限度額が少ない
  • カードが利用できない(利用できるATMが少ない)
  • 悪徳業者である可能性もある

学生ローンを大手のキャッシングサービスと比較した場合には、最大でも50万円までしかお金が借りれないという大きなデメリットがあります。アルバイトで多くの年収を得ている学生であっても高額の融資は受けられません。

 

貸金業の大手サービスとは違い、学生ローンの場合にはカードが発行されないことがほとんどです。24時間いつでもキャッシング可能とならないのは、やはり不便と言えるでしょう。

 

口コミで評判の学生ローンであれば安心して利用できますが、あまり聞いたことのない・どこかで聞いたことがあるような社名の金融業者だと無登録の悪質な貸金業者である場合もあります。(正規の貸金業者を検索→金融庁「登録貸金業者情報検索サービス」

 

18歳や19歳の未成年がお金を借りる場合には、親に内緒で借金するのが難しい、サービスや安全性に不安があるなど、リスクも大きいことを念頭に置く必要もあるのです。

 

未成年であっても悪徳業者にだまされることは充分に有り得るため、基本的にキャッシングは20歳になってから大手のキャッシングサービスを利用するのがおすすめです。

 

未成年でも結婚している場合にはキャッシング可能?

即日キャッシング大作戦!
銀行や消費者金融などの金融機関からお金借りたい場合でも、未成年だと利用することができません。ただし、民法の753条により、未成年者でも婚姻をすれば成人として法律行為ができる「成年擬制」が認められています。(参考:Wikibooks「民法第753条」

 

法律行為には金銭の消費貸借も含まれているため、未成年であっても結婚している人であれば金融機関からの借入れが可能ということになるのです。

 

ただし、金融機関の利用条件では融資対象を20歳以上と明記しています。実際に結婚している未成年が銀行や大手の消費者金融から借入れできるのかは、それぞれのキャッシングサービスにより違ってくることでしょう。

関連ページ

アルバイトやフリーターでもお金借りれる人になるための方法
アルバイトやフリーターの人が今すぐお金借りたいという時でも、安定した収入のある20歳以上の人なら審査に通る可能性は充分にあります。申込みの際には入力ミスや嘘の申告に注意し、慎重に手続きを行うことが審査に通りやすくなるコツであり、お金借りれる人になれる方法とも言えるのです。
どうしてもお金借りたい時でもブラックだと難しい?
ブラックとなるには一定のタイミングがあるのですが、ブラックとはそもそもどんなことなのか、またブラックになる原因や登録が抹消されるまでの期間について紹介しています。申込みの審査に通らない場合、ブラックが原因かも知れません。それでも闇金で借りると後悔することになるため利用はおすすめできません。
主婦はカードローンでお金借りれる人となる?
主婦がキャッシングする時には収入のある主婦と収入のない主婦に分類され、収入がない場合には消費者金融でのキャッシングは不可となっているのです。ただし銀行ならば専業主婦でもお金借りれる人となれるため、同じ収入なしでも無職の人よりも優遇されていると言えるでしょう。
今すぐお金借りたい時、無職でも大丈夫?
銀行や消費者金融などの金融機関では無職の人はお金借りれません。それでもキャッシングを希望するのであれば審査の甘い違法業者ということになるでしょう。このような業者でお金を借りることにより後悔する結果となることが多いため利用はおすすめできません。ただし病気や仕事が見つからないなどの理由で無職となっている人については、国の制度を利用することが可能になっています。