お金借りたい アルバイト フリーター

アルバイトやフリーターでもお金借りれる?

今は、アルバイトなどをしてフリーター(フリーターの定義とは→フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』フリーター・定義として生計を立てている人も多くなっていますよね。

 

終身雇用という言葉も死後となり、誰もが自由に転職している時代であるため、非正規採用でも余り気にならないという人も増えているようです。

 

それでも金融機関からお金借りたいという時には、アルバイトやフリーターでは審査が通らないのではないかと、途端に心配になってしまう人もいるでしょうね。

 

アルバイトやフリーターだと金融機関からお金借りれる人になれないのでしょうか。

 

今回はアルバイトやフリーターが審査に通りやすくなるための条件やコツについて解説していきます。

 

アルバイトやフリーターが審査に通るための条件

足りないお金をキャッシングで工面したい時には、銀行や消費者金融のカードローンに申込みする必要があります。その際の審査に通るため必要な条件は次のようになっているんです。

  • 20歳以上であること
  • 安定した収入を毎月得ていること

20歳以上であり安定した収入を毎月得いていることは、フリーターだけでなくどんな人であっても借入れの条件となっています。

 

20歳というのは法律行為ができる年齢であり、契約が結べる最少年齢となるのです。このような利用条件を満たすことができれば、アルバイトやフリーターであっても審査に通過できる可能性は高くなります。

 

銀行でお金借りるには保証会社の保証が受けられることも条件
銀行カードローンを利用する場合には、保証会社の保証を受けられることも必要になります。

 

保証会社は、債務者が返済できない状況になった場合に、残りの債務を本人に代わって債権者に一括で立て替えして債務を清算する役割を担っているのです。(参考:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)機関保証』

 

保証会社は金融機関と並行して審査を行っているため、状況によってはアルバイトやフリーターだと保証会社から保証が受けられない場合もあるでしょう。

 

アルバイトやフリーターがお金借りるためのコツ

20歳以上で安定した収入があることは、アルバイトやフリーターであっても同じ利用条件となっています。

 

ただし金融機関としては、正社員や公務員ではなくアルバイトやフリーターであることで、安定性の面からどうしても返済能力に不安が残ることも事実でしょう。

 

フリーターの方が少しでもキャッシング審査に通りやすくなるコツとして、以下のようなことがおすすめとなります。

  1. 勤務年数が長いこと
  2. 実家で暮らしていること
  3. 年収が多いこと

これらのことを全て満たしていなくても安定した収入があれば借入は充分に可能と言えるのですが、1つでも満たすことができれば、少しは安心して審査結果を待つことができるかも知れません。

 

勤務年数が長いこと

アルバイトやパート、派遣などの勤務年数が長いことは属性を上げるためのコツとも言えます。具体的には、1年以上の勤務年数があるのが理想的という口コミでの評判も多いです。

 

キャッシング審査では本人の情報をスコアリングシステムにより点数化して、その合計点により審査の可否が決まるのが通例となっているのです。

 

勤務年数も属性を構成する項目の1つとなっています。仮に今のアルバイトも長いし、そろそろ他の仕事をしたいと思った場合には、キャッシングの審査を受けてからアルバイトを替えることがお金を借りやすくするコツの1つと言えるのです。

 

実家で暮らしていること

キャッシング審査では勤務年数だけでなく居住年数についてもチェックされます。居住年数が長いほど安定した生活をしていることを印象付けられ、信用を上げることができるのです。

 

一カ所に長く住んでいる人であれば、簡単に引越しを繰返すことはありませんよね。本人と音信不通になるリスクが少ないと判断されることもその理由となっています。

 

実家暮らしであれば、一カ所に留まっている可能性が高いですし、家賃にお金がかかることもありません。賃貸や住宅ローンの支払いに毎月一定のお金がかかっている人より返済資金の確保が用意と判断されるのです。

 

転職や引越しの予定がある場合には、その前にキャッシング申込みをしてしまうというのも審査に通りやすくなる1つのコツとなるのです。

 

年収が多いこと

年収が多いことは、返済能力があることを最も金融機関にアピールできる属性となります。

 

2010年6月18日より完全施行された総量規制により、消費者金融などの貸金業者では年収の3分の1までを借入総額としているのです。(参考:埼玉県HP(くらし・環境)「貸金業規制法一部改正(平成22年6月18日)」

 

年収の金額が多ければ、それだけ多くのお金が借りれることになりますし、返済資金の確保も心配ないという信用を得ることもできるのです。

 

今のアルバイト先の時給が高い場合には、キャッシングの審査に通るまで仕事を替えないようにした方が良いでしょうね、

 

申込み内容は正確に事実だけを入力すること!

アルバイトやフリーターであることで審査が通るか心配になるあまり、つい体裁を考え申込みフォームに実際よりも良い内容を入力したくなってしまうかも知れません。

  • 年収の金額
  • 勤続年数
  • 持家・賃貸の選択
  • 他社からの借入件数や金額

このような情報は審査に重要な要素となり、特に年収の金額や他社からの借入件数や金額は、都合の良いように嘘を書いても各方面での調査で分かってしまうものです。

 

嘘が発覚した場合には申込みを取消されることもあり、もちろん審査で落とされる可能性も高くなります。

 

運良く審査が通ったとしても、お金を借りる前から信用を失くしてしまいますので、会社の電話番号の入力ミスなども含めて、申込みの際には慎重に自分の情報を伝えるるよう注意が必要になります。

 

アルバイトやフリーターの人でも金融機関からお金借りれる人となる方法の1つと言えるのです。

関連ページ

どうしてもお金借りたい時でもブラックだと難しい?
ブラックとなるには一定のタイミングがあるのですが、ブラックとはそもそもどんなことなのか、またブラックになる原因や登録が抹消されるまでの期間について紹介しています。申込みの審査に通らない場合、ブラックが原因かも知れません。それでも闇金で借りると後悔することになるため利用はおすすめできません。
主婦はカードローンでお金借りれる人となる?
主婦がキャッシングする時には収入のある主婦と収入のない主婦に分類され、収入がない場合には消費者金融でのキャッシングは不可となっているのです。ただし銀行ならば専業主婦でもお金借りれる人となれるため、同じ収入なしでも無職の人よりも優遇されていると言えるでしょう。
未成年でもお金借りれる方法と場所とは?
未成年では基本的に金融機関からお金借りれないことになっています。法律で未成年の契約行為を禁止されているのがその理由となりますが、それでも未成年でもお金借りたい場合には一部の学生ローンを利用する必要があります。ただし学生ローンの中にも悪徳業者が混じっている場合もあるので、基本的には成人してから大手を利用するのがおすすめとなります。
今すぐお金借りたい時、無職でも大丈夫?
銀行や消費者金融などの金融機関では無職の人はお金借りれません。それでもキャッシングを希望するのであれば審査の甘い違法業者ということになるでしょう。このような業者でお金を借りることにより後悔する結果となることが多いため利用はおすすめできません。ただし病気や仕事が見つからないなどの理由で無職となっている人については、国の制度を利用することが可能になっています。