お金借りたい ブラック

ブラックとは何?いつまで続くの?

至急お金が必要になった時が給料日前だと辛いですよね。

 

あと数日したらまとまったお金が入る予定があっても現実問題として今はないという時、すぐに返済できる充てがあるならキャッシングしたいと思うこともあるでしょう。

 

それでも信用情報がブラックの状態になっている場合は話が別なんです。ブラックの人はお金借りれる人の条件に当て嵌まることが難しくなります。

 

コチラではブラックとは何か、またブラックの状態はいつまで続くのかについて説明しています。
【参考:クレジット・ローンの事故情報(ブラックリスト)はいつ消える?確認は?

 

そもそもブラックとは?

ブラックとはそもそも何か?
それは個人信用情報機関に事故情報が登録されている状況のことを言います。

 

信用情報を照会した際に事故情報があることが分れば、申し込みを受けた金融機関は審査を通す訳にはいきません。

 

個人信用情報機関で事故情報があることにより、どこの金融機関からも借入れができない状況は「ブラック」または「ブラックリストに載る」と呼ばれています。

 

信用情報を管理しているのは次の3つの機関となるのです。

このように3つの個人信用情報機関では、それぞれの金融業界により使い分けされているのです。

 

ただし、これらの信用情報機関では情報を共有しています。例えば銀行の利用で金融事故があれば、銀行が会員となっている一般社団法人 全国銀行個人信用情報センターで事故情報が登録されます。

 

登録された信用情報は、「「CRIN(クリン)」というシステムにより、提携個人信用情報機関のCICやJICCと情報交流をしているため、相互に顧客の信用情報を利用することができるのです。(参考:CRIN協議会「情報交流(CRIN)の実施に関する個人情報保護方針」

 

一般社団法人 全国銀行個人信用情報センターで事故状況が登録されている状態で、新たに消費者金融に借入申込みをした場合にも、情報交流により事故情報があることはすぐにバレます。

 

更には消費者金融や信販会社などが会員となっているCICとJICCの間でも、「FINE」というシステムにより情報交流を行っているのです。(参考:CIC「FINE」

 

ブラックとなってしまうタイミングとは

どこからもお金借りれないブラックの状況となるタイミングは、以下のような時です。

  1. 返済の延滞
  2. 任意整理や自己破産などの債務整理
  3. 1か月に3回以上の申込み(2回の場合もある)
  4. 強制解約

このようなことがあると信用情報にキズが付いてしまう結果となるため十分な注意が必要になります。

 

返済の延滞でブラックに

数日間の返済の遅れなら特に問題にならない場合もありますが、61日以上または3ヶ月以上の延滞がある場合には、個人信用情報機関に「異動」として情報が登録され、どこからもお金が借りれないブラックの状況となる可能性が高くなります。(参考:CIC「開示書の見方」

 

カードローンなどでお金借りたい時には契約手続きが必要になりますが、その際には返済期日を確認する必要があり、1日でも返済に遅れると遅延損害金(遅延損害金とは→参考:ダイレクトワン・コラム「遅延損害金の利率や起算日は?遅延損害金の計算方法」が発生する他、督促の電話や郵便が来ることにもなるのです。

 

銀行でお金を借りて返済の長期延滞がある場合には、債務が「代位弁済」により銀行から保証会社へと移り、その事実も信用情報機関に登録されることとなるのです。

 

債務整理でブラックに

債務整理を行うとブラックになるという知識は、多くの人が持っていることでしょう。債務整理には主に4つの手続きがあります。

  • 任意整理(弁護士などの専門家に債権者との交渉を依頼し、毎月の可能な支払額の合意をして返済する方法)
  • 個人再生(一定額を支払い、残りは返済を免除してもらうよう裁判所で手続きする方法)
  • 自己破産(債務を免除してもらうことを目的として、裁判所で手続きする方法)
  • 特定調停(裁判所に債権者との間に入ってもらい、毎月の可能な支払額の合意をして返済するよう裁判所で手続きする方法)
(参考:法テラスQ&A「債務の整理をしたいと考えています。どのような方法がありますか?」

4つの違いは、債務を全て免除してもらうのか、一部だけならば支払うのかということになるのですが、結果的にいずれも信用情報機関に事故情報として登録されることになります。

 

債務整理によるブラックは、契約時に約束した返済の義務を遂行できなかったことへのペナルティーであり、お金を借りる時の大きな足かせとなってしまうのです。

 

もっとも金融機関側としては、きちんと返済することができない人を見極めるための有力な判断材料になっています。
【参考:債務整理とは?〜借金生活から脱出できる3つの方法〜

 

1か月に3回以上の申込みでブラックに

金融機関で借入れの申込みをする時に、審査に通るか心配で一度にいくつもの金融機関で申込みしてしまう人もいます。

 

一時期の数社の申込みをすると「申込みブラック」という状況になってしまう場合もあるため要注意です。

 

一度にいくつもの金融機関に借入申込することは、利用者にとって保険を掛ける意味であっても、金融機関から「よほどお金に困っているのだろう」と判断されてしまうことにもなります。

 

一般的には1か月あたり3回以上の申込みで「申込みブラック」となり、審査で落とされることが多いと言われています。

 

ただし、一概に1か月に何回とは言い切れない部分もあるため、多くのキャッシングに申し込みしないに越したことはありませんね。

 

強制解約でブラックに

金融機関などで信用を失うような長期の返済延滞やその他の行いにより、強制解約となることもあります。

 

強制解約となった場合にも信用情報機関に事故情報として登録されてブラックとなる他、借入先の金融機関から一括返済を求められる場合もあるのです。返済期日を守り節度ある利用が大事になります。

 

ブラックの状態はいつまで続くの?

一度ブラックとなってしまうと1週間や2週間では信用情報機関の登録が消えることはありません。ブラックの状態がいつまで続くのかは、登録される個人信用情報機関によって異なっているのです。

 

それぞれの個人信用情報機関でブラック状態が続く期間

ブラックの原因 シー・アイ・シー(CIC) 日本信用情報機構(JICC) 全国銀行個人信用情報センター
一時期での複数の申込み 照会日から6ヶ月以内 申込日から6ヶ月以内 照会日から1年以内
返済の長期滞納 契約期間中および完済日から5年以内 契約期間中および完済日から5年以内 契約期間中および完済日から5年以内
債務整理 契約期間中および契約終了後5年以内 当該事実の発生日から5年以内 債務整理の決定を受けた日から10年以内
強制解約 契約期間中および契約終了後5年以内 当該事実の発生日から5年以内 契約期間中および契約終了日から5年以内

一時期での複数の申込みによる申込みブラックが消える期間については、消費者金融や信販会社などが会員となっているCICやJICCで、5年以内となっていますが、銀行が加盟している全国銀行個人信用情報センターでは1年以内という長さになっています。

 

返済の長期滞納におけるブラックの場合では、3つの個人信用情報機関で共通して5年以内となっているのです。

 

借金を完済した場合ではブラックが消える期間は同一となるのですが、債務整理を行った場合には5年以内となるCICやJICCとは異なり、全国銀行個人信用情報センターでは10年以内という長さになっているのです。

 

強制解約については、それぞれ共通して5年以内で事故情報が消えるようになっています。

 

ブラックでもお金借りれるところはある?

どうしてもお金借りたい時であれば、ブラックでもお金借りれたら便利と思うこともあるでしょう。

 

ただし実際には、ブラックの人は金融機関でお金借りれないのが普通と言えるのです。

 

金融機関では返済の心配がない人にしかお金を貸してくれないため、貸倒れのリスクがある場合には審査で落とされてしまうことになります。

 

どこからもお金が借りれない人が最後の手段として頼れる金融機関は、違法な融資をしている闇金くらいしかないということになるでしょう。

 

ただし違法な所でお金を借りた場合、法外な金利を取られることになるため、いつまでも借金が完済できないということも多く、返済を延滞した場合には辛い取り立てに遭うことも多いため、闇金の利用はおすすめできません。

関連ページ

アルバイトやフリーターでもお金借りれる人になるための方法
アルバイトやフリーターの人が今すぐお金借りたいという時でも、安定した収入のある20歳以上の人なら審査に通る可能性は充分にあります。申込みの際には入力ミスや嘘の申告に注意し、慎重に手続きを行うことが審査に通りやすくなるコツであり、お金借りれる人になれる方法とも言えるのです。
主婦はカードローンでお金借りれる人となる?
主婦がキャッシングする時には収入のある主婦と収入のない主婦に分類され、収入がない場合には消費者金融でのキャッシングは不可となっているのです。ただし銀行ならば専業主婦でもお金借りれる人となれるため、同じ収入なしでも無職の人よりも優遇されていると言えるでしょう。
未成年でもお金借りれる方法と場所とは?
未成年では基本的に金融機関からお金借りれないことになっています。法律で未成年の契約行為を禁止されているのがその理由となりますが、それでも未成年でもお金借りたい場合には一部の学生ローンを利用する必要があります。ただし学生ローンの中にも悪徳業者が混じっている場合もあるので、基本的には成人してから大手を利用するのがおすすめとなります。
今すぐお金借りたい時、無職でも大丈夫?
銀行や消費者金融などの金融機関では無職の人はお金借りれません。それでもキャッシングを希望するのであれば審査の甘い違法業者ということになるでしょう。このような業者でお金を借りることにより後悔する結果となることが多いため利用はおすすめできません。ただし病気や仕事が見つからないなどの理由で無職となっている人については、国の制度を利用することが可能になっています。