お金借りれる 学生

学生のキャッシング、借入の選択肢は意外にも多い

大学生になると高校生の時とは比較できないくらい行動範囲が広がり、交友関係も多くなりますよね。それに連れて必要となるお金も以前とは比べ物にならない程増えることでしょう。

 

そのために大学生になって初めてアルバイトを始める人もいることと思いますが、それでもサークル仲間との活動費や友達との飲み会、合コンなどであと1万円お金が足りないなどということもあるでしょう。

 

そんな時に頼りになるのがキャッシングなんです。学生であっても20歳以上でアルバイト収入のある人ならばキャッシングでお金借りれる人の条件を満たすことが可能になります。
【参考:学生はどこからお金を借りるべきか?

 

20歳以上の学生がお金借りたい時に利用できる所とは

20歳以上である、安定した収入があるという金融機関でお金借りれる人の条件を満たしている学生ならば金融機関からお金借りたい場合、次のようなサービスが利用可能です。

  • 銀行カードローン
  • 消費者金融のカードローン
  • 学生ローン

社会人では学生ローンでお金借りれる人の条件を満たすことができないため、学生がキャッシングを利用する場合の選択肢は最も多いと言えるでしょう。

 

学生がカードローンでお金借りるなら消費者金融がおすすめ

学生が申込みできるキャッシングの中でおすすめなのが消費者金融のカードローンです。

 

銀行のカードローンも勿論利用可能ではありますが、やはり学生であるということで消費者金融よりも敷居が高めになっていることは否定できないことや、大手の消費者金融なら30日間無利息のサービスが利用可能なところもあるというのがその理由となります。

 

また急ぎでキャッシングしたい、どうしても即日融資でお金借りたいという時でも、大手のキャッシングサービスならネット申込みした後の審査や融資までの時間が銀行よりも早くなる可能性があるのです。

 

学生をターゲットにした悪徳金融業者に注意!

銀行や大手の消費者金融は誰もが知っている有名な金融機関であり、安心してお金借りれるサービスと言えます。

 

それでも有名なキャッシングサービスは消費者金融であっても審査が厳しくなっているため、学生ではお金借りれない人というイメージが強くなり無名の金融機関の方が審査が通りやすいと思ってしまうこともあるでしょう。

 

ですが、無名の所を利用する場合にはそれだけリスクが高くなるのも事実です。

  • 法律で決められているよりも高い金利が掛かる場合がある
  • 借入や返済が不便
  • 取り立てが厳しく、時には怖い思いをすることもある

無名の所には学生をターゲットにした悪徳金融業者が潜んでいることもあり、このようなことが起きる可能性もあるのです。

 

借入先の選択には注意が必要であり審査が厳しくても安心してキャッシングできる大手を利用するのがベストと言えるでしょう。

関連ページ

アルバイトやフリーターでもお金借りれる人になるための方法
アルバイトやフリーターの人が今すぐお金借りたいという時でも、安定した収入のある20歳以上の人なら審査に通る可能性は充分にあります。申込みの際には入力ミスや嘘の申告に注意し、慎重に手続きを行うことが審査に通りやすくなるコツであり、お金借りれる人になれる方法とも言えるのです。
どうしてもお金借りたい時でもブラックだと難しい?
ブラックとなるには一定のタイミングがあるのですが、ブラックとはそもそもどんなことなのか、またブラックになる原因や登録が抹消されるまでの期間について紹介しています。申込みの審査に通らない場合、ブラックが原因かも知れません。それでも闇金で借りると後悔することになるため利用はおすすめできません。
主婦はカードローンでお金借りれる人となる?
主婦がキャッシングする時には収入のある主婦と収入のない主婦に分類され、収入がない場合には消費者金融でのキャッシングは不可となっているのです。ただし銀行ならば専業主婦でもお金借りれる人となれるため、同じ収入なしでも無職の人よりも優遇されていると言えるでしょう。
未成年でもお金借りれる方法と場所とは?
未成年では基本的に金融機関からお金借りれないことになっています。法律で未成年の契約行為を禁止されているのがその理由となりますが、それでも未成年でもお金借りたい場合には一部の学生ローンを利用する必要があります。ただし学生ローンの中にも悪徳業者が混じっている場合もあるので、基本的には成人してから大手を利用するのがおすすめとなります。
今すぐお金借りたい時、無職でも大丈夫?
銀行や消費者金融などの金融機関では無職の人はお金借りれません。それでもキャッシングを希望するのであれば審査の甘い違法業者ということになるでしょう。このような業者でお金を借りることにより後悔する結果となることが多いため利用はおすすめできません。ただし病気や仕事が見つからないなどの理由で無職となっている人については、国の制度を利用することが可能になっています。