お金借りたい 主婦

主婦が金欠時に安心してお金を借りれる所と申込条件

主婦がキャッシングを利用する場合には、以下の2種類に分類されるのです。手続きの方法もそれぞれ別の扱いとなり、旦那さんに内緒でお金借りれる可能性にも大きな違いが出てきます。

  1. 働いていて収入のある主婦
  2. 家事を専業としていて収入がない主婦

金融機関でお金借りたい場合にはそれぞれの分類により借入先が違って来る場合があります。それでも主婦の場合は収入がなくても無職の人とは違いお金借りれる人となれる可能性があるのです。

 

働いていて収入のある主婦

毎月パート勤めをして一定の収入があっても、あと1万円足りない、あと3万円あったらということもあるでしょう。

 

毎月定期的に働いている主婦であれば、銀行や消費者金融のカードローンでお金借りれる人の条件を満たすことが可能です。特に消費者金融であれば、今すぐにでもキャッシングできる場合もあるでしょう。

 

テレビCMでも有名なキャッシングサービスや一部の中堅消費者金融では、女性専用ダイヤルにて女性スタッフのみが応対しているレディースローンがあります。申込みや相談の電話をかける時に、相手が男性だったらと緊張したり戸惑ってしまう心配もありません。

 

主婦でも毎月継続的な安定収入があれば、女性専用ダイヤルにて女性スタッフが優しく対応してくれることでしょう。

 

旦那さんに内緒のキャッシングも可能

毎月一定の収入を得ている主婦ならば、旦那さんに内緒のキャッシングも可能です。

 

近頃の金融機関ではインターネットで借入申込みすれば、その後の手続きもネットで済む場合が多くなっています。お金借りる時にも、一度も来店することなく振込キャッシングが利用できるようになっているのです。

 

このようにWEB完結の申込みも可能なため、旦那さんどころか誰にも見られずにお金借りることもできます。

 

家事専業の収入なしの主婦

家事を仕事としている専業主婦の場合は、お金を稼いでいないため収入なしということになります。

 

主婦の場合、収入の有無が申込みできる金融機関の分かれ道であり、収入なしの主婦がキャッシング可能なのは「配偶者に安定収入のある主婦(夫)の方」という条件も設定されている金融機関のみとなるのです。

 

旦那さんに継続安定した収入があることを条件に専業主婦にも融資している金融機関には、一部の銀行や消費者金融があります。

 

専業主婦でもお金借りれる所にはどんな金融機関があるの?

大手では取扱いがありませんが、一部の中堅消費者金融ならば総量規制の例外として配偶者貸付の利用が可能になっています。

 

総量規制とは、貸金業者から年収の3分の1までしかキャッシングできないという法律です。通常は総量規制により、専業主婦の収入が0円の場合には融資を受けることができません。

 

専業主婦の利用を可能としている街金では、必要書類を揃えることを条件に、旦那さんの収入の3分の1の範囲までならお金借りれるようになっています。(参考:日本貸金業協会「Q&A配偶者貸付について」

 

近頃では、貸金業者にならって銀行も総量規制を自主的に導入している場合が多くなっているのです。(参考:金融庁「銀行カードローンの実態調査結果について (平成30年8月22日)」

 

ただし、ネット銀行を中心とする一部の銀行カードローンでは、旦那さんに安定収入があることを条件に今もまだ専業主婦への融資を続けているのです。

 

配偶者貸付が可能な中堅消費者金融や銀行カードローンには以下のようなサービスがあるので、専業主婦が安全にお金借りれる所を紹介しておきます。

  • 楽天銀行カードローン「スーパーローン」
  • イオン銀行カードローン
  • ジャパンネット銀行「ネットキャッシング」
  • セブン銀行カードローン「ローンサービス」
  • 静岡銀行カードローン「セレカ」
  • キャネット
  • ベルーナノーティス
  • フタバ(レディースフタバ)
  • キャッシングエニー

学生だと安定収入があってもお金借りれない場合がありますが、無収入の専業主婦でも旦那さんに安定した収入があれば、安心安全にお金借りれる所からのキャッシングも可能です。

 

旦那にバレないでキャッシングするなら返済の遅れに注意

旦那にバレないでお金借りたいと思っている人は多いようですが、そのためには返済の遅れに注意する必要があります。返済の遅れがあると電話が掛かってきたり、ハガキなどが郵送されてくることもあるのです。

 

もちろんカードローンのサービス名で電話が来たり、自宅に届いた郵便物が督促状であると一目でわかるような心配はありませんが、不審な郵便物として開封されてしまう可能性はあるでしょう。

 

返済の遅れの場合には、郵便物が自宅に届かないようにすることは不可能と言えます。返済日を忘れないよう工夫する必要がありますし、やり繰りしてでも毎月の返済資金の確保に努めることが大事になるのです。

 

契約書類やカードの郵送にも注意が必要

借金が旦那にバレる大きな原因として返済の遅れで届く督促状が考えられます。ただし、初めの1回のみしか郵送されて来ませんが、契約書類などの郵便物にも注意が必要です。

 

ネット完結で申込みの手続きが済んでも、契約書やローンカードなどは郵送されてきます。ただし、自宅に郵便物が届かない方法が2つあるのです。

  • カードレスでキャッシングできるサービスを利用する
  • 大手消費者金融や一部の銀行に設置されている自動契約機から契約やカード発行を済ませる

ローンカードや契約書類が郵送されないように、カードを利用しないカードレスのキャッシングを選択したり、自動契約機で契約やカード発行のできる金融機関を利用することがおすすめです。

関連ページ

アルバイトやフリーターでもお金借りれる人になるための方法
アルバイトやフリーターの人が今すぐお金借りたいという時でも、安定した収入のある20歳以上の人なら審査に通る可能性は充分にあります。申込みの際には入力ミスや嘘の申告に注意し、慎重に手続きを行うことが審査に通りやすくなるコツであり、お金借りれる人になれる方法とも言えるのです。
どうしてもお金借りたい時でもブラックだと難しい?
ブラックとなるには一定のタイミングがあるのですが、ブラックとはそもそもどんなことなのか、またブラックになる原因や登録が抹消されるまでの期間について紹介しています。申込みの審査に通らない場合、ブラックが原因かも知れません。それでも闇金で借りると後悔することになるため利用はおすすめできません。
未成年でもお金借りれる方法と場所とは?
未成年では基本的に金融機関からお金借りれないことになっています。法律で未成年の契約行為を禁止されているのがその理由となりますが、それでも未成年でもお金借りたい場合には一部の学生ローンを利用する必要があります。ただし学生ローンの中にも悪徳業者が混じっている場合もあるので、基本的には成人してから大手を利用するのがおすすめとなります。
今すぐお金借りたい時、無職でも大丈夫?
銀行や消費者金融などの金融機関では無職の人はお金借りれません。それでもキャッシングを希望するのであれば審査の甘い違法業者ということになるでしょう。このような業者でお金を借りることにより後悔する結果となることが多いため利用はおすすめできません。ただし病気や仕事が見つからないなどの理由で無職となっている人については、国の制度を利用することが可能になっています。