三菱UFJ銀行カードローン お金借りれる

三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックはCMでもお馴染み

三菱UFJ銀行は、かつての三菱銀行と東京銀行が合併してできた三菱東京銀行が、2006年にUFJ銀行を吸収合併したことで、2018年3月31日まで三菱東京UFJ銀行としてメガバンクの一隅を担ってきました。

 

同年4月1日より「東京」の名前が消えて、三菱UFJ銀行と改称されグループ名も三菱UFJフィナンシャル・グループとなっています。(参考:朝日新聞デジタル「きょうからは「三菱UFJ銀行」 ついに「東京」外れる」

 

三菱UFJ銀行には、「バンクイック」というカードローンがあり、俳優の阿部寛さんがCMでイメージキャラクターとなっていることでもお馴染みですよね。

 

テレビCMや看板などから阿部寛さんの誠実な印象が伝わってくることから、個人が安心してお金借りれる所であることをアピールしているのでしょうね。

 

三菱UFJ銀行にはバンクイックの他にも、同行の口座を持っている人専用のカードローン「マイカードプラス」もあります。キャッシュカードをローンカードとして30万円を上限に借入可能であり、口座振替時の不足にも自動融資で対応しているんです。

 

バンクイックには、マイカードプラスと違って自動融資の利用ができない代わりに、三菱UFJ銀行口座のない人でも利用できる、口座の新規開設も不要というメリットがあります。

 

どちらのカードローンも20歳以上65歳未満であり、国内居住の安定収入がある人で保証会社であるアコムの保証を受けられることが利用条件になっています。

 

上記以外にも三菱UFJフィナンシャル・グループ内には、傘下の大手消費者金融アコムやじぶん銀行のカードローンも用意されています。

 

他社との差別化を図るバンクイックの低金利融資

三菱UFJ銀行カードローンは、同系列の消費者金融のアコムが保証会社として審査も担当しているため、審査スピードは速いと言えるでしょう。ただし、審査回答は最短翌営業日以降9時〜21時(土・日・祝日は9時〜17時)となっています。(参考:三菱UFJ銀行「バンクイック」インターネットでのお申し込み

 

バンクイックは、最低金利で年1.8%(最高金利14.6%)という新金利を打ち出し、最高限度額の500万円の利用で適用される金利ではありますが、他の銀行カードローンとの差別化を図っているものと考えられます。

 

他社との差別化には「テレビ窓口」も一役買っている

三菱UFJ銀行カードローンが他社との差別化を図っているポイントは金利だけではありません。バンクイックは自動契約機の「テレビ窓口」に運転免許証を持参して契約すれば、その場でカード発行可能になるのです。

 

申込みの際に提出する書類については運転免許証の交付を受けていない場合、健康保険証やパスポート、また個人番号カード(参考:総務省「マイナンバーカード」のいずれかで現住所の記載があれば代用できます。

 

一方、テレビ窓口からその場でカード発行したい場合、運転免許証がないとNGです。運転免許証がない場合には、カードは後日に郵送されることになります。

 

ただしカードは、発行の翌営業日以降に審査結果により利用可能となります。自動契約機であればカードの即日発行が可能ですが、即日融資には対応していませんので要注意です。

 

即日融資は利用できませんが、テレビ窓口ならば申込みしたその場でカード発行となることも、他社との差別化に一役買っていると言えるでしょう。

 

バンクイックには2つのお金の借り方がある

バンクイックでのお金の借り方は2つあります。手元にカードがあればATMからの借入れが可能ですし、インターネットで振り込みの依頼をする借入方法も選択できます。

 

どちらの借入れを選択するかにより利用できる条件が違ってきますので、事前の確認が必要です。

  1. ATMから借入れ(千円単位)
  2. 振り込みで借入れ(1万円単位)

 

バンクイックでATMからお金借りる

バンクイックは三菱UFJ銀行口座がなくてもカードがあれば借入れできます。口座がない人や振り込み以外でお金借りたい場合は、全国どこの都道府県にもあるATMを利用するカードキャッシングでの借り方となるのです。

 

バンクイックのローンカードは、自動契約機のテレビ窓口で発行するか郵送してもらうことで手に入れることができます。手元にカードがあれば、以下のATMで24時間いつでもキャッシング可能です。(メンテナンスの時間を除く)

  • 三菱UFJ銀行ATM
  • セブンイレブンATM
  • ローソンATM
  • ファミリーマートなどに設置されているEnetのATM

ATMからの借入れは千円単位となっているため、必要な分だけお金借りたいという場合にはカードでの借入れがおすすめです。バンクイックでATMから借入れや返済をする場合には、ATM手数料0円となっているため、何度でも安心して利用することができますよね。

 

バンクイックで振り込みを利用してお金借りる

バンクイックでお金借りる方法には、カードを利用してATMキャッシングする以外にインターネットで振り込みの依頼をする借り方もあります。振込みの場合もATM利用と同じように、何度利用しても手数料無料なので安心です。

 

振込キャッシングにはお金借りれる所を選ばず手軽に借入れできるというメリットがありますが、1万円単位での借入れとなるため借り過ぎには注意が必要ですよ。

 

バンクイックで振り込みキャッシングを利用するには、三菱UFJ銀行口座を持っている、Eメールサービスへの登録をしていることが条件となっています。

 

口座を持っていない人は、バンクイックの新規申込みをするタイミングで口座の新規開設の申込みもしておくと良いでしょう。

 

Eメールサービスの登録は、バンクイックにインターネット申込みをする場合であれば、入力画面にEメールアドレスを入力するだけで登録完了となるのです。インターネット以外で申込みする場合には、会員ページの「Eメールサービス登録」から登録できます。

 

バンクイックで振込キャッシングを利用する方法

バンクイックでの振込キャッシングのやり方は簡単で、インターネットで会員ページにログインした後に「振込サービス」を選択し、画面の案内に従って入力するだけです。

 

振り込みの依頼から自分の三菱UFJ銀行口座へ入金されるタイミングは以下のようになっています。

  • 初回の振り込み・口座変更後の振り込み:平日の0時〜14時までの振込依頼で当日中に振込み
  • 2回目以降の振り込み:平日0時〜8時15分までの振込依頼で当日9時頃に振込み、8時15分〜14時までは当日約30分以内に振込み

上記以外の振込依頼では、翌営業日以降の入金となるため注意が必要ですよ。

関連ページ

みずほ銀行カードローン即日でお金借りれる所?
みずほ銀行カードローンには2つの種類があり、2つのプランを持つカードローンと女性専用のカードローンが用意されていて、低金利で利用できることから便利な商品と言えます。ただし利用にはみずほ銀行口座を持っている必要があります。口座がない場合には申込みと同時に新規口座開設が必要です。
りそな銀行カードローンでお金借りたい!大手だから便利?
都市銀行でもあるりそな銀行には2つのカードローン商品が用意されていますが、どちらを利用するかは申込みの金額や収入の有無によっても違ってきます。クイックカードローンでは専業主婦も利用が可能となっているため、その場合にはりそな銀行は便利にお金借りれる所と言えるでしょう。
ネット専業のイオン銀行ならショッピングついでの借入も可能
イオン銀行カードローンBIGはイオンモールやイオン、コンビニなどに設置されているATMから利用することができます。設置店舗が多いことやスーパーにも設置されていることから、特に毎日買い物をしている主婦にもおすすめできる銀行カードローンと言えるでしょう。
オリックス銀行カードローンでお金借りたい!即日は可能?
オリックス銀行カードローンは利用限度額が大きいことでおまとめローンにも利用できる便利なカードローンと言えます。ただし少額での利用には消費者金融と差のない金利となるため、その場合には大手のキャッシングサービスでお金借りる方が便利となる一面もあるんです。審査に時間がかかるため、今すぐお金借りたい人には向きません。