お金借りたい 借りれる所 個人

親や友達などの個人からお金借りたい!

どうしてもお金がない、生活費も足りないという時には藁をもすがる思いで親や友達や同僚などからお金借りたいと考えることもあるでしょう。

 

確かに借入先が個人であってもお金借りれる所と言えますし、金融機関にキャッシングの申込みをするよりも手軽と思えるかも知れません。

 

金額にもよりますが親や親しい友達・同僚ならお金貸してくれるかも知れませんね。それでも個人間のお金の貸し借りは意外にも難しい一面もあるため注意が必要です。

 

個人にお金を借りるのは便利?

お金借りれる所を探す場合、身近な友達や同僚を借入先の選択肢として考えることもあるでしょう。金融機関と個人ではお金の借りやすさに違いがあるからと言えますよね。

 

金融機関と個人とのお金の借りやすさの違い

お金の借り方 金融機関 親や友人・同僚
申込みの方法 ネットや電話・来店などでの申込みが必要 口頭で借金の申し出をするだけで済む場合がほとんど
金利 一定の金利がかかる 無利息の場合がほとんど
審査 信用情報機関にブラック情報が登録されている審査落ちする 審査がないため信用情報がブラックでもお金が借りれる
返済を滞納した場合のペナルティ 長期間の返済の滞納で、遅延損害金が発生しブラックにもなる 返済が遅れても待ってもらえる場合もあり、信用情報にキズがつかない

金融機関からの借入れとは違って敷居が低いことや上記のようなメリットがあることから、両親や友人や同僚などの個人も便利にお金借りれる所であると言えるかも知れません。

 

金融機関からの借入れには信用情報にキズがないことが条件となります。個人の場合には審査もないため、ブラックリストに載っている場合でもお金借りれる所と言えるでしょう。(ブラックリストとは?→フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』・ブラックリスト

 

ただし一見便利と思える個人からの借入にも注意するべき点があり、良好な人間関係を損なわないためにも覚えておきたいこともあるのです。

 

個人間のお金の貸し借り、注意するべき点とは?

どうしても必要なお金の工面を金融機関に頼らずに人間関係の繋がりの中だけで何とかしたい場合、注意するべきことがいくつかあります。

  1. 借金の頼み方に気を付ける
  2. 借金の申込みを断られても相手を悪く思わない
  3. 借りる金額は相手が出せる範囲にする
  4. 返済は約束の期日までにしっかりと済ませる

このようなことを忘れて自分の利益だけを優先させてしまうと、今まで築いてきた人間関係にキズを付けてしまう可能性もあるため注意が必要です。

 

借金の頼み方には注意が必要

お金借りたい時の相手への頼み方は、両親と友人・同僚とでは当然違ってくることでしょう。

 

親であれば、初めに希望する金額よりも低めの金額でお願いしておき、一度承諾を得た後に金額を希望額まで釣り上げて再度交渉するという方法も使えるでしょう。例えば「本当は5万円じゃなくて10万円借りたかったんだけど…」というような感じです。

 

友達や同僚からお金借りたい場合には、親と同じ方法だとダメかも知れません。借金する時の頼み方は親とは違い、何と言っても誠実さが重要となるのです。初めから希望する金額、理由や目的を具体的に話すことがポイントとなります。

 

お金借りたい理由の体裁を整えることは不要であり、正直に今の現状を話して大変な状況にあることを知ってもらうことが大切です。お金借りたいあまりに嘘をついたことが後でバレた場合には、相手が誰であっても信用を失い、信頼関係にキズをつけることにもなります。

 

借金の申込みを断られても相手を悪く思わない

どうしてもお金借りたい時には、親や友達などをお金借りれる所として考える場合もあるでしょう。個人からお金を借りる場合には、相手の都合も考慮することを忘れないでください。

 

大事なのは、万が一借金の申込みを断られた場合でも、相手を悪く思わないことです。貸してあげたいけど、相手にもその余裕がなかったということを理解する必要があります。良好な関係を壊さないためにも大事なことですよ。

 

借りる金額は相手が出せる範囲にする

どうしても必要な金額を捻出したい一心で、相手から足りるだけのお金借りたい時もあるでしょう。ただし、個人の場合には必ずしも自分が希望するだけのお金が借りれないことも有り得ますよね。

 

たとえ相手から借りれる金額が希望額に届かない場合でも、貸してくれるだけ有り難いという気持ちで接することが大事です。相手が出せる範囲のお金を借りることができたら、後は別の方法を考えることにしましょう。

 

返済は約束の期日までにしっかりと済ませる

個人間のお金の貸し借りで相手との関係にキズがつく大きな原因が返済の遅れです。約束した期日までに返済しないと、お金借りた相手からの信頼を一度で失うことにもなります。

 

約束を破ることになれば相手の生活に影響が出る場合もありますし、これまでに築いてきた関係が壊れる恐れもあるんです。返済は約束の期日までにしっかりと済ませましょう。

 

どうしても即日でお金借りたい時は個人よりキャッシングがおすすめ

友達や同僚などの個人間のお金の貸し借りには利息なしになるなどのメリットはありますが、デメリットも多いのです。

 

個人間のお金の貸し借りにより人間関係を悪くする可能性があることはもちろんのこと、どうしても即日でお金借りたいという時には相手にも持ち合わせがない、そもそもそんなお金ないということもあるでしょう。

 

どうしても今日中に確実にお金借りたい時には、融資を専門としているキャッシングサービスを利用する方が手っ取り早いですし便利と言えます。

 

もちろん審査は必要となり金利も掛かりますが、特に大手消費者金融には30日間無利息サービスがある所もあるので、むしろ消費者金融の方が個人に頼るよりも便利にお金借りれる所であると言えるのです。

 

関連ページ

どうしてもお金借りたい!掲示板はお金借りれる所?
ネットの掲示板はお金借りれる所と言えますが、きちんとした業者が仲介しているサイト以外は危険が潜んでいる場合が多いと言えます。カンタンに借りれる場合は多いですが闇金が潜んでいる場合も多いため、こういったサイトには近寄らないことが危険を回避する唯一の方法と言えるでしょう。
消費者金融のキャッシングは即日でもお金借りれる所?
消費者金融のキャッシングは即日融資で今すぐお金借りたい場合に特に便利であり利用はおすすめとなります。カードローンでお金借りれるのは銀行も同様となりますが、審査や融資までの時間のスピードに差が出ることが多く、少しでも早くお金借りれる所と言えば消費者金融であると言えるのです。
親からお金借りたい!借入には注意が必要
どうしてもお金借りたいという時、親ならばお金借りれる所として頼ることができるかも知れません。それでも親だからこそ借入には慎重になるべきと言え、借用書の作成や利息の支払いなどは贈与税とみなされないための方法ともなります。またこのようなお金の借り方はお互いの関係をベストに保つためにもおすすめとなります。
個人が借りれる所には銀行カードローンもある、ただし借りにくい
銀行カードローンは多くの人がイメージしているように敷居が高く借りにくいという部分もあります。消費者金融よりも審査が厳しめであることや、即日融資には口座の保有が必須となる銀行が多いことで、トータルでは銀行カードローンよりも消費者金融の方が便利と言えるでしょう。
街金やサラ金は危険?安心してお金借りれる所の条件とは
サラ金や街金とは消費者金融の昔の呼び名であり、言葉のイメージから全てが闇金であるような印象を受ける人もいますが、実は消費者金融は3つに分類することができるのです。ただしその中には確かに闇金も含まれますので、利用には注意が必要となります。