お金借りたい 借りれる所 消費者金融のキャッシング

即日融資でお金借りたい時に便利な金融機関とは

金融機関から借入れする場合には「今日申込みして今日中にお金借りたい!」というように、即日融資を希望する人がほとんどと言えるでしょう。

 

もっとも、必要な資金の調達でお金借りれる所を最終手段とする時に、融資は1週間後でも大丈夫という人は少ないかも知れません。

 

どうしても今日中にお金借りたい時には審査に2日以上かかる所ではなく、最短30分で審査が完了するような金融機関に申込する必要があるんです。

 

親や友達などの個人でなく、キャッシングが利用できる金融機関をお金借りれる所に選ぶのであれば、選択肢は次の2つとなります。特にカードローンであれば、利用限度額の範囲で何度も借入れや返済を繰返すことができるので便利ですよね。

  • 銀行
  • 消費者金融

銀行と消費者金融のキャッシングで即日融資を希望するなら、どちらが便利と言えるのでしょうか?

 

銀行のキャッシングと即日融資の可能性

銀行でキャッシングを利用する場合でも、消費者金融で利用可能なカードローン商品が利用できることが多いため、限度額の範囲で自由に利用することができます。

 

ただし銀行のキャッシングでは事業資金としての利用ができないため、その点では使い道自由な消費者金融より利用の幅が狭くなっていると言えでしょう。

 

借入れでは銀行カードローン専用のカードや口座のキャッシュカードを利用してATMからキャッシングすることも可能ですが、消費者金融との違いはその前の段階にあり、それが即日融資の可能性に大きく影響しています。

 

銀行の即日融資は難しくなっている場合が多い

銀行の審査は消費者金融よりも厳しめの内容となっているため、いざと言う時に審査落ちしてしまいお金が借りれないということも多くなるのです。

 

また即日融資には預金口座の保有が必要になっている場合が大半であり、一部ではカード発行ができる自動契約機を設置しているものの、それ以外の銀行ではローンカードやキャッシュカードの郵送が必要となるため即日融資はムリになりますよね。

 

更に銀行カードローンで即日融資を希望する場合、振込みによる借入方法がメインとなっているため、銀行が振込み受付を終了する平日14時頃までに契約を完了させる必要があり、この時間に遅れると翌日以降の振込みとなってしまうのです。

 

ただし以前まで銀行の即日融資については一部で今すぐ借りれる所がありましたが、2018年1月から銀行は即日審査・即日融資を停止しています。現在、銀行のキャッシングではどこからも即日融資を受けることはできない状況です。

 

消費者金融のキャッシングと即日融資の可能性

消費者金融のキャッシングは銀行が個人向けの融資を始めるずっと以前から提供されてきたサービスです。

 

審査に必要となる豊富なデータやノウハウ・経験により審査のスピードが速く、融資までの時間も短くなっているのです。

 

消費者金融の審査では、申込書に記入された内容をスコアリング(点数化)して公平に素早く審査が完了するシステムが整えられているため、最短30分で審査回答が通知されます。

 

審査通過後の契約手続きや振込キャッシングについても迅速であり、最速なら申込から1時間で融資を受けることも可能です。

 

大手の消費者金融なら14時以降もお金借りれる可能性アリ

大手の消費者金融であれば以下のような事情がある場合でも、今日中にお金借りれる所の候補に入れることができます。

  • 申込の時間が遅く振込みの受付時間を過ぎてしまった
  • 書類の不備などで申込手続きに時間が掛かってしまった
  • 自宅にカードや契約書を郵送されると都合が悪い

大手のキャッシングサービスには自動契約機が用意されていて、土日祝日を含め午後9時〜10時頃まで稼働しています。上記のような事情がある場合にも、即日融資が受けられる可能性はまだ充分に残っているのです。

 

カードや契約書を自宅に郵送されると、家族にキャッシングがバレるため困るという場合もあるでしょう。自動契約機で契約手続きやカード発行を済ませてしまえば、その場で申込手続きが全て完了するため自宅へ郵便物が届く心配もありません。

 

即日融資で今すぐお金借りたいなら大手の消費者金融が便利

とにかく今すぐどうしてもお金借りたいという時なら、銀行よりも消費者金融の方が手続きのスピードが速く便利ということが言えるのです。

 

急な出費でまとまったお金が必要になった時には、まず初めに大手キャッシングサービスのホームページや口コミでその内容や評判を確認することが即日キャッシングの第一段階となることでしょう。

 

消費者金融で即日融資を受ける時には闇金に注意!

即日融資も可能な消費者金融には知名度の高いキャッシングサービスの他に、「街金」や「サラ金」などと呼ばれる中小規模の所もあります。

 

大手でなくても貸金業登録をしている正規のキャッシングサービスであるため、誰もが知っているとは言えなくても安心してお金借りれる所となっているんです。

 

注意していただきたいのは、あまり名前を知られてない消費者金融には闇金も潜んでいるということです。特に今すぐお金借りたい切羽詰った状況の時には用心が必要となります。

 

闇金は法律を無視している悪質な金融業者

闇金の場合には審査の難易度が極甘であり、即日融資にも対応しているため、今すぐお金借りれる所とも言えるでしょう。ただし闇金のメリットと言えば簡単にお金借りたい時に便利ということだけで、あとはデメリットしかないのです。

 

闇金は無登録で利息制限法や出資法の上限金利を無理し、違法な取り立てを行っている悪質な金業者だからです。

 

平成22年6月18日に完全施行された改正貸金業法では、ヤミ金融に対する罰則の強化として懲役5年を10年に引き上げしています。(参考:金融庁「貸金業法改正等の概要」

 

改正貸金業法では、夜間に加えて昼間の執拗な取り立て行為についても規制を強化しています。(参考:金融庁「3貸金業関係」・3−2−2 取立て行為の規制

 

貸金業法だけでなくヤミ金融対策法(参考:金融庁「ヤミ金融対策法のポイント」(現在、法律改正のため一部で変更))でも規制している他、刑事罰も科していますが、今だに闇金の被害はなくなりません。

 

緊急時の金欠に今すぐお金借りれる所を探す場合には、冷静な行動と判断が望まれます。

関連ページ

どうしてもお金借りたい!個人に頼るのはアリ?
友達や同僚など個人からお金借りたい場合、確かにお金借りれる所の選択肢として考えることはできますが、それにはメリットがあればデメリットもあるのです。即日でお金借りたい場合には個人からの借入は必ずしも便利とは言えませんし、人間関係にもキズを付けてしまう恐れもあるため、やはり消費者金融などでキャッシングを利用する方が手っ取り早く便利な場合も多いと言えるでしょう。
どうしてもお金借りたい!掲示板はお金借りれる所?
ネットの掲示板はお金借りれる所と言えますが、きちんとした業者が仲介しているサイト以外は危険が潜んでいる場合が多いと言えます。カンタンに借りれる場合は多いですが闇金が潜んでいる場合も多いため、こういったサイトには近寄らないことが危険を回避する唯一の方法と言えるでしょう。
親からお金借りたい!借入には注意が必要
どうしてもお金借りたいという時、親ならばお金借りれる所として頼ることができるかも知れません。それでも親だからこそ借入には慎重になるべきと言え、借用書の作成や利息の支払いなどは贈与税とみなされないための方法ともなります。またこのようなお金の借り方はお互いの関係をベストに保つためにもおすすめとなります。
個人が借りれる所には銀行カードローンもある、ただし借りにくい
銀行カードローンは多くの人がイメージしているように敷居が高く借りにくいという部分もあります。消費者金融よりも審査が厳しめであることや、即日融資には口座の保有が必須となる銀行が多いことで、トータルでは銀行カードローンよりも消費者金融の方が便利と言えるでしょう。
街金やサラ金は危険?安心してお金借りれる所の条件とは
サラ金や街金とは消費者金融の昔の呼び名であり、言葉のイメージから全てが闇金であるような印象を受ける人もいますが、実は消費者金融は3つに分類することができるのです。ただしその中には確かに闇金も含まれますので、利用には注意が必要となります。